2012年9月2日日曜日

愛艇の組み立て

北オカナガン地方の小村ランビーに越してきてから初めて愛艇を組み立ててみました。うねりのある海用の大きなカヤックなので内陸の湖では大きすぎるだけなんですよね。



6年ぶりというのに組み立てには30分もかかりませんでした。








「カヤックを組み立てって?」、と思われるかもしれませんが、もともとカヤックは極北の北極海付近に住んでいたイヌイット(エスキモー)が流れ着いた(森林限界以北のために木が無い)木を繋ぎ合わせてフレームを作り、その周りにアザラシなどの皮で覆ったのが原点。




1999年に陸の孤島キンコーラス(Gingolx)に越す際にはプリンス・ルパートからカナダの名機ビーバーをチャーターして引っ越したのでこの折りたたみ式カヤックを2艇持ち込んだのでした。(Feathercraft K-lightとFolbot Kodiak Expedition)



因みに青いほうのK-lightはバックパック一つに入ってしまいます!



うねりのある海では後ろのラダーが必要ですが、静かな湖では要らないので取り付けてません。明日のパドリングが楽しみ~。



この愛艇で11年前に世界最長のレースにソロ・カヤックの部で出艇したのが懐かし~。http://www.yukonriverquest.com/2001-results/