2012年8月8日水曜日

ペルセウス座流星群と金星食

毎年8月12日~13日を中心にペルセウス座流星群が活発になりますが、国立天文台によると「今年のペルセウス座流星群の出現の極大は8月12日の夜と予想されており、12日21時頃から翌13日明け方にかけて流星が最も多く見られるでしょう。」とのことです。
http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20120810-perseid/

昨年は極大の二日後が満月だったことから観察は難しかったのですが、今年は8/12の夜は13日零時ころの月の出のために暗い夜空のなかで観察が出来そうです。



2011年8月12日、マウント・レベルストーク頂上

観察の際には月を避けるようにして空全体を眺めてみましょう。

また14日早朝には金星食がありますので、こちらもお見逃しないように!